岐阜県の大型商業施設ランキング!店舗面積 2017年版

気になったらシェアしよう!

gifuranking

岐阜県の大型商業施設をランキング形式でまとめてみました!

是非ご覧ください!

※大型商業施設のランキングは商業施設面積(店舗面積)を基準にして製作しています。

1位 MALera岐阜(モレラ岐阜) 店舗面積 77,467 ㎡

所在地:岐阜県本巣市三橋

敷地面積:185,000 ㎡

店舗面積:77,467 ㎡

延床面積:115,800 ㎡

店舗数:約240店舗

開業日:2006年4月

モレラ岐阜が1位になりました!都築紡績糸貫工場跡地に建設されました。

岐阜の大型商業施設と言えば、モレラですよね~

イオンや三井不動産など大手デベロッパーがかかわらずに、商業施設を運営しているのは非常に感心しますね。(一応、大和システムは携わってます)

大手デベロッパーがかかわらない商業施設はテナント誘致の面で苦戦し、廃業に追い込まれるケースが多い中で、モレラ岐阜は大成功していると思います。

2位 イオンモール各務原 店舗面積 77,000

Aeonmall_corporation_logo.svg

所在地:岐阜県各務原市那加萱場町

敷地面積:145,822 ㎡

店舗面積:77,000 ㎡

延床面積:95,157 ㎡

店舗数:230店舗+イオン各務原店

開業日:2007年7月

元々は、イオン各務原ショッピングセンターというイオンリテールの商業施設でしたが、2011年にイオンモールブランドに変更されました。

また2014年には増床され、モレラ岐阜とほぼ同規模の巨大な大型商業施設に進化しました。

駐車場は5000台あり、全国のイオンモールでも(駐車台数は)最大規模です。

3位 マーサ21 店舗面積:48,000 ㎡

20170210_aeon_logo

所在地:岐阜県岐阜市正木中

敷地面積:60,000 ㎡

店舗面積:48,000 ㎡

延床面積:112,000 ㎡

店舗数:125店舗+イオン岐阜店

開業日:1988年11月

川島紡績本社工場跡地に建設されました。

1995年と2008年に増床され、現在の規模になりました。

開業が1988年と、大型商業施設の中では古参となり、先駆けだったと言ってもいいでしょう。

名称にはイオンが付きませんが、イオンリテールと川島紡績の共同管理となっています。

4位 カラフルタウン岐阜 店舗面積:45,395 ㎡

「カラフルタウン岐阜」の画像検索結果

所在地:岐阜県岐阜市柳津町丸野

敷地面積:133,884 ㎡

店舗面積:45,395 ㎡

延床面積:119,141 ㎡

店舗数:125店舗+イトーヨーカドー柳津店

開業日:2000年11月

カラフルタウンが4位にランクイン!トヨタ紡織の工場跡地に建設されました。

建物の所有者は株式会社トヨタオートモールクリエイトとなっており、商業施設内にトヨタ系ディーラー4店舗とダイハツディーラー1店舗が入っているのが特徴です。

5位 イオンモール大垣 店舗面積 43,452 ㎡

Aeonmall_corporation_logo.svg

所在地:岐阜県大垣市外野

敷地面積:109,528 ㎡

店舗面積:43,452 ㎡

延床面積:64,936 ㎡

店舗数:125店+イオン大垣店

開業日:2007年4月

イオンモール大垣が5位となりました。元々はイオン大垣ショッピングセンターでしたが、2011年に現在の名称になりました。

2008年には周辺の大型商業施設の競合で多くの店が退店することがありましたが、現在は落ち着いたみたいです。

6位 アクアウォーク大垣 店舗面積:40,200 ㎡

「アクアウォーク大垣」の画像検索結果

所在地:岐阜県大垣市林町

敷地面積:66,618 ㎡

店舗面積:40,200 ㎡

延床面積:71,586 ㎡

店舗数:135店舗+アピタ大垣店

開業日:2007年10月

オーミケンシ大垣工場跡地に建設されました。イオンモール大垣と同様に、2008年には周辺の大型商業施設の競合で多くの店が退店することがありましたが、現在は落ち着いたみたいです。

大垣駅と連絡橋で接続されており、大垣駅直結の大型商業施設としても人気を博しています。

7位 土岐プレミアム・アウトレット 店舗面積:35,300 ㎡

所在地:岐阜県土岐市土岐ヶ丘

敷地面積:243,800 ㎡

店舗面積:35,300 ㎡

延床面積:28,700 ㎡

店舗数:183店舗

開業日:2005年3月

アウトレットモールとして、土岐プレミアムアウトレットがランクイン!

2005年開業で、2006年、2010年、2014年に増床をして現在の規模になりました。

今後ももしかすると増床される可能性があるので、まだまだ大きくなる可能性を秘めていますね。

8位 イオンタウン大垣 店舗面積:34,502 ㎡

20170210_aeon_logo

所在地:岐阜県大垣市三塚町丹瀬

敷地面積:63,205 ㎡

商業施設面積:34,502 ㎡

延床面積:

EAST棟:47,704 ㎡
WEST棟:14,530 ㎡

店舗数:80店舗+マックスバリュ

開業日:2005年7月

イオンタウン大垣は、元々、ロックタウン大垣という名前でしたが、2011年に現在の名称になりました。

イースト棟とウエスト棟に分かれています。

9位 パティオ可児ショッピングプラザ 店舗面積:26,487 ㎡

「パティオ可児」の画像検索結果

所在地:岐阜県可児市下恵土

敷地面積:不明

店舗面積:26,487 ㎡

延床面積:不明

店舗数:26店舗+ヨシヅヤ可児店

開業日:1997年4月

ローカルのショッピングセンターとなっています。

東濃では最大のショッピングセンターです。

10位 ラスパ御嵩 店舗面積:25,496 ㎡

所在地:岐阜県可児郡御嵩町

敷地面積:51,981 ㎡

店舗面積:25,496 ㎡

延床面積:51,027 ㎡

店舗数:68店舗+アピタ御嵩店

開業日:2008年9月

10位はラスパ御嵩でした~

不二見セラミックの工場跡地に建設されました。

ユニーの中規模商業施設「ラスパ」の1号店です。

まとめ

1位 モレラ岐阜

2位 イオンモール各務原

3位 マーサ21

4位 カラフルタウン岐阜

5位 イオンモール大垣

6位 アクアウォーク大垣

7位 土岐プレミアムアウトレット

8位 イオンタウン大垣

9位 パティオ可児ショッピングセンター

10位 ラスパ御嵩

となりました!

イオン系列はマーサ21含めて4店舗となり、他県と比べて占める割合は低いです。

岐阜県は主に紡績工場の跡地に大型商業施設が建設されるケースが多く、全国に先駆けて巨大な商業施設が沢山あったみたいです。

【参考】百貨店の延床面積

今回は専門店街のあるショッピングセンター(SC)を基準に紹介したため、百貨店単体の延床面積はランキングに表示しておりません。

あくまで参考記録?ですが、岐阜県内の百貨店単体の建物の延床面積を紹介します。

岐阜高島屋 店舗面積:26,157㎡

岐阜高島屋を、ランキング内に入れるとしたら、10位にランクインしますね。

おわりに

いかがでしたか?

他の都道府県大型商業施設ランキングもあるので是非ご覧ください!

気になったらシェアしよう!

フォローする