サンエー 浦添西海岸計画(サンエーパルコ) 2019年夏開業! テナントは?沖縄県最大の商業施設

九州地方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。fukuです。

沖縄県浦添市に建設中の商業施設「浦添西海岸計画」

 

沖縄県最大の商業施設になるということもあり、期待が高まっています。

そんな、浦添西海岸計画について、テナントや開業日について見ていきましょう!

【2017年9月14日 公開】
【2017年9月28日 映画館情報 追加】
【2018年3月19日 テナント9店舗 追加】
【2018年6月20日 テナント情報1店舗 追加】
【2018年7月17日 テナント情報1店舗 追加】

スポンサーリンク

外観は?

mainvisual

建物の外観はこのようになるようです。

 

名称:浦添西海岸計画

所在地:沖縄県浦添市西洲三丁目

敷地面積:約85,484.92㎡

店舗面積:約60,000㎡

駐車場:約3,800台

建物構造:地上6階建て

開業日:2019年夏

 

運営者は?

運営者とは商業施設を運営する会社のことで、例えば、イオンモールならイオンが運営していますよね。

浦添西海岸計画の運営者はサンエーパルコとなります。

聞いたことあるようなないような・・・という感じですが、実は、沖縄県で商業施設や食品スーパーを運営しているサンエーと、本土で都市型商業施設を運営しているパルコが出資した会社なんですよ。

沖縄最強の商業施設運営会社サンエーのノウハウと、都市型商業施設最強のパルコのノウハウが生かされた商業施設となりそうで楽しみです!

 

 

 

沖縄県内最大の商業施設

浦添西海岸計画は沖縄県内最大の商業施設になる予定で注目が集まっています。

店舗面積駐車台数
浦添西海岸計画60,000㎡3800台
イオンモール沖縄ライカム57,418㎡3089台
サンエー那覇メインプレイス37,110㎡2450台
イオン那覇店29,000㎡1500台

こちらが、浦添西海岸計画と沖縄県内の大型商業施設TOP3を比較してみました。

あの巨大なイオンモール沖縄ライカムよりを上回る店舗面積になる予定です!

また、沖縄における交通手段の90%を占める車利用の来店者を意識し最大級の駐車場を配備しています。

 

 

テナントは?

どのようなテナントが出店するのか見ていきましょう。

2018年7月17日現在、求人誌などから一部テナントが明らかになっています!
アンダーラインは今回明らかになった店舗です)

 

アカチャンホンポ (ベビー用品)
沖縄県初出店

ドクターマーチン (靴)

エディオン (家電量販店)

どん家 (和食)

和風亭 (和風ファミリーレストラン)

大阪王将 (中華)

ピッツェリア マリノ (イタリア料理)

タリーズコーヒー (カフェ)

珈琲待夢 (カフェ)

マツモトキヨシ (ドラッグストア)

サンエー (総合スーパー)

 

11店舗が明らかになりました!

 

ユナイテッドシネマが進出!

映画館としてユナイテッドシネマが進出することが明らかになっています!

沖縄県内最多となる11スクリーン、体験型アトラクション4DXなどを備えたシネマコンプレックスとなります!!

また、ユナイテッドシネマ社長 渡辺氏の発言では

「国内最新鋭のエンターテインメントコンプレックスとしてフラッグシップサイト(旗艦劇場)に位置付ける」

とのこと!(琉球新報より)

かなり気合が入っているのが分かります!

 

その他のテナントは?

その他のテナントは現時点ではまだ明らかになっていません。

イメージ写真

(店舗イメージ 引用)

店舗数はまだ未定ですが、出店テナントは沖縄県未進出店舗新業態店舗を積極的に導入するとのこと!

さらに地元生活者だけではなく、国内外の観光客をもターゲットとしており、沖縄らしさを感じられるようなグルメや体験、伝統品にふれられる場、メイドインジャパンを発信する場として機能させていくようです。

 

ちなみに、現在沖縄県内最大の商業施設であるイオンモール沖縄ライカムの店舗数は220店舗です。

ここからは僕の予想ですが、店舗面積では沖縄ライカムを上回る予定なのでテナント数は220~250店舗ではないかと思われます。

仮に1店舗当たりの面積が大きければテナント数は必然的に少なくなりますし、その逆もしかりです。

 

周辺で進むリゾート計画

 

浦添西海岸エリアでは、「那覇港浦添ふ頭コースタルリゾート計画」と題し、リゾート計画が進められております。今回はその第1ステージとして商業施設と2018年開通予定の湾岸道路を考えているようです。


※公式HPより

中でも、こちらの商業施設はリゾートエリアの核となる商業施設であり、地元民以外にもリゾートを訪れる観光客に向けた交流拠点として期待されています。

アクセスも那覇空港まで車で15分、大型客船バースから車で10分とのとても良い立地といえますね。

また、那覇空港では第二滑走路計画が2020年3月に利用開始予定ということで、さらに利用客が増えるのではないかと考えられます。

 

リゾート計画は将来的に第2ステージが進められていく予定で、今回の商業施設完成後は更なる交通アクセス向上を図るほか、リゾートホテルや人工ビーチの開発が検討されているようです。

 

開業日は?

2019年夏とされています。

また、詳細な情報が入ったらお知らせしますね。

公式HPも公開されております↓

【公式】浦添西海岸計画 | 株式会社サンエーパルコ
沖縄県浦添市に平成31年夏オープン予定の「浦添西海岸計画」は、「那覇港浦添ふ頭地区第一ステージ都市機能用地事業」として出店予定の沖縄県内有数規模の大型商業施設です。

 

さいごに

いかがでしたか?

沖縄県内最大の商業施設が将来的にリゾートとなるエリアに誕生します!

どのような店舗が入居するのか期待してしまいますね!

 

オキナワ ハナサキ マルシェについてはこちら!

オキナワ ハナサキ マルシェ 2018年12月開業 15店舗を予定!テナントは?
どうも。fukuです。 沖縄県国頭郡本部町に新スポットとなる商業施設「オキナワ ハナサキ マルシェ」が2018年12月に開業するみたいです。 オキナワ ハナサキ マルシェはレストラン、カフェ、フードコートなど15テナントほどが出...

那覇OPAが2018年秋開業予定です!

那覇オーパ 2018年10月13日(土)開業!全テナント43店舗一覧!最新情報も!
ゆいレール旭橋駅前の再開発ビル「カフーナ旭橋A街区」に那覇オーパが復活します! 2018年10月13日(土)開業で、ファッション、雑貨、飲食店など、43店舗が出店予定です! そんな那覇OPAについてテナントや場所など最新情報も含...

沖縄市の山里地区の再開発のテナント情報はこちら。

パーチェ山里 2018年4月12日(木)より開業! マックスバリュやしまむらが出店へ!
どうも。fukuです。 沖縄県沖縄市に2018年4月に開業予定の再開発ビル 「パーチェ山里」。 全テナントも明らかになり、どのような建物になるのか、見ていきたいと思います! 【2017年9月26日 公開】 【2018年2...

うるま市のABLO(アブロ)うるまのテナント情報はこちら

ABLO(アブロ)うるま 2018年3月より順次開業! 全テナント11店舗一覧!
どうも。fukuです。 沖縄県うるま市に商業施設ABLO(アブロ)うるまが2018年春に開業します。 カインズとタウンプラザかねひでの他、11店舗が出店予定です! アブロうるまがどのような商業施設になるのか、見てい...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
九州地方
この記事が気に入ったらシェアお願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
出店ウォッチ
error:Content is protected !!