【おすすめ】自宅でポイ活!お小遣いがゲットできるモッピーの使い方まとめ

鷺沼駅前地区市街地再開発事業 2030年度竣工予定!どのような施設に?最新情報も!

関東地方
スポンサーリンク

神奈川県川崎市宮前区の鷺沼駅前に再開発ビル「鷺沼駅前地区市街地再開発事業(仮称)」が2030年度竣工予定!

マンション、商業施設、ホール、宮前区役所などから構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定!

鷺沼駅前の一等地における開発事業で期待が高まっています!

そんな、鷺沼駅前の鷺沼駅前地区市街地再開発事業について、テナントや開業日について見ていきましょう!

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の外観は?

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の外観は以下の通りです。

駅前地区と北地区の2棟の再開発ビルで構成されます。

鷺沼駅前にツインタワーが誕生することになりますね!

低層階はホールや商業施設などが入る賑わい空間として整備されます。

 

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の概要

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の概要は以下の通りです。

名称鷺沼駅前地区市街地再開発事業
所在地神奈川県川崎市宮前区鷺沼三丁目1番2外
駅前地区北地区
敷地面積11,170㎡3,680㎡
建築面積9,150㎡
3,150㎡
延床面積約86,000㎡
内訳:
商業施設 15,300㎡
公共施設 9,200㎡
住宅 43,500㎡
約29,000㎡
内訳:
公共施設 8,900㎡
住宅 15,000㎡
高さ約146m(最高高さ)約92m(最高高さ)
建物構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
地上37階、地下2階
鉄筋コンクリート造
地上20階、地下2階
用途商業・公共・住宅・交通広場等住宅・公共

 

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業のフロアは?

鷺沼駅前地区市街地再開発事業のフロア構成は以下のようになります。

駅前街区

7階~37階マンション(390戸)
6階駐輪場など
4階~7階ホール
3階~5階公共施設(図書館を計画)
1階交通広場
地下1階~3階商業施設
地下2階駐車場・機械室

北街区

6階~20階マンション(190戸)
2階~5階宮前区役所
1階ロビー、区役所
地下階駐車場

 

高層階はマンション

駅前街区の高層階(7階から37階)、及び、北街区の高層階(6階から20階)はマンションとなります。

総戸数は駅前街区が390戸、北街区が190戸を計画しており、どちらも大規模なマンションになりますね。

鷺沼駅前に立地するマンションは駅前の超好立地と高層階からの眺望が特徴となりそうですね!デベロッパーなどは現時点では未定となっています。

低層階は商業施設

駅前街区の低層階(地下1階~3階)は商業施設となります。

フレル鷺沼も再開発エリアに含まれるため、実質的にフレル鷺沼の建て替えのような感じでしょうか。

延床面積は15,300㎡あり、食料品・衣料品・雑貨・生活関連等のお店が出店予定です。比較的まとまった面積で大型商業施設になりますね。

商業施設の駐車台数は200台、営業時間は一部店舗が24時間営業になる計画です。

鷺沼駅直結の商業施設となるため、マンションの住民はもちろん、駅周辺に住む方、駅利用者にとっても利便性の高いテナントを誘致してほしいですね。

宮前市民館・図書館が移転へ

駅前街区には宮前市民館・図書館が移転する計画です。

現時点の計画では、今ある宮前市民館・図書館と同規模の施設が整備される予定です。

宮前市民館は1985年に建てられ、2022年で建設されてから37年が経過します。

移転後の宮前市民館は、600人規模・200人規模の2つのホールを設けることを念頭に計画が進んでいます。

宮前区役所が移転へ

北街区には宮前区役所が移転する計画です。

再開発ビルの2階から5階の4フロアが公共床となっていますね。

東京都葛飾区でも同様に駅前再開発ビル内に区役所を移転する計画が進んでいます。

立石駅北口地区再開発ビル 2028年完成予定!どのような施設に?最新情報も!
東京都葛飾区立石に再開発ビル「立石駅北口地区再開発ビル」が2028年に完成予定! 葛飾区総合庁舎をはじめ、マンション、業務施設、商業施設ができ、商業施設には複数店舗が出店予定! そんな、立石駅北口地区再開発ビルについて、テナント...

 

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業のテナントは?

2022年3月19日現在、求人誌等からテナントは明らかになっていません。

都市計画決定し、着工まで時間があるため、完成時期も未定です。

また明らかになり次第更新します。

宮前区の求人情報もチェック

宮前区の求人情報もクリックだけで簡単検索できます。

宮前区の求人情報はこちら!(バイトル)

 

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の開業日は?

2つの街区の開業時期はそれぞれ異なります。

駅前街区2028年~2030年度完成予定
北街区2025年~2026年度完成予定

北街区の宮前区役所移転は2028年~2030年度ごろを予定しています。

 

スポンサーリンク

鷺沼駅前地区市街地再開発事業の地図(場所・アクセス)

場所は東急田園都市線「鷺沼」駅前となっています。

 

柿生駅前南地区市街地再開発事業についてはこちら!

柿生駅前南地区市街地再開発事業 2024年度竣工予定!どのような施設に?最新情報も!
神奈川県川崎市麻生区の柿生駅前に再開発ビル「柿生駅前南地区市街地再開発事業(仮称)」が2024年度竣工予定! マンション、商業施設などから構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定! 柿生駅前の一等地における開発事...

道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業についてはこちら!

道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業 2026年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区道玄坂に再開発ビル「道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業」が2026年度に開業予定! オフィス、ホテル、商業施設から構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定! 渋谷マークシティに隣接した再開発事業で期待...

登戸駅前地区市街地再開発事業についてはこちら!

登戸駅前地区市街地再開発事業 2028年竣工予定!どのような施設に?最新情報も!
神奈川県川崎市多摩区の登戸駅前に再開発ビル「登戸駅前地区市街地再開発事業(仮称)」が2028年竣工予定! マンション、商業施設から構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定! 登戸駅前の一等地における開発事業で期待...
error:Content is protected !!