トート阪急洛西口 2018年秋第1期開業 テナントは?

関西地方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも。fukuです。

京都府京都市西京区の阪急洛西口駅高架下にトート阪急洛西口が2018年秋に開業!

開発は阪急電鉄で、洛西口~桂駅間プロジェクトの第1弾となります。テナントは?

阪急洛西口駅高架下のトート阪急洛西口についてみていきます!

スポンサーリンク

概要

名称:トート(TauT)阪急洛西口 (第1期)

所在地:京都府京都市西京区

敷地面積:約2,838㎡ (高架下全体の敷地面積は約11,200㎡)

延床面積:約1,522㎡

店舗数:不明

 

 

商業施設の名称の由来は?

トート阪急洛西口の名前の由来は“ヒトとヒトをつなぐ”エリアをコンセプトにして、

「人-人」「taught(teachの過去分詞形)(=“教えあう、学びあう”)」

からきているそうです。

 

 

 

洛西口~桂駅間プロジェクトの第1弾

阪急洛西口駅~桂駅間が2013年に上り線ホームが、2016年に全線高架化されました。

これにより、高架下にスペースが生まれ、阪急電鉄と京都市の間で「洛西口~桂駅間プロジェクト」を立ち上げ、活用を検討してきました。

そして、そのエリアの総称が「トート阪急洛西口」となったわけです。

2018年秋完成部分は第1期エリアとなります。

阪急洛西口駅の北側。

 

 

トート阪急洛西口の全体計画

「洛西口~桂 駅間プロジェクト」の整備計画概要を作成! -阪急電鉄株式会社)

阪急電鉄株式会社によると、トート阪急洛西口の全体計画としては、

  • レンタサイクル駐輪場
  • 飲食・食物販・サービス店舗
  • サイクルショップ
  • 観光振興施設
  • 子育て支援・交流スペース
  • マルチスペース・ショップ
  • 学び・実践に関する活用スペース

など、様々な用途の施設を展開予定です。

 

 

 

テナントは?

テナントは現在のところ明らかになっていません。

また、求人誌等から明らかになり次第このページでお伝えしますね。

ちなみに阪急電気鉄道株式会社は、

「地域の魅力を再発見するエリア」と位置付け、洛西口駅の利便性向上につながるサービス業態だけでなく、地元京都で人気の飲食・食物販の店舗も誘致することにしています。それにより、駅を中心に賑わいを創出し、人が集まり交流することで、地域の活性化を図ってまいります。

阪急電鉄株式会社

と書かれていますし、地域住民・イオンモール京都桂川を含めた、駅利用者を中心とした商業施設になる可能性があります。

 

 

 

洛西口駅西口で大型開発計画も

洛西口駅西口では約84,000㎡の広大な敷地に大型商業施設やホテルを誘致する計画があります。募集要項配布では大手デベロッパーなど50社を超える企業が募集要項を受け取ったそうで、関心が非常に高いことが分かります。

 

 

 

地図(場所・アクセス)


阪急京都線洛西口駅高架下とその周辺になります。

 

 

開業日は?

2018年秋オープン予定です!

開業が楽しみですね!

 

 

京都ゼロゲートについてはこちら!

京都ゼロゲート 2017年11月に第1期開業!グランドオープンは…?
こんにちは!fukuです。 パルコが進める京都ゼロゲートが2017年11月に第1期開業しました! 現在、グランドオープンに向けて準備中です。 どのような商業施設になるのか見ていきたいと思います! 【2017年6月24...

ビエラ岸辺健都についてはこちら!

ビエラ岸辺健都 2018年秋開業!テナントは?商業施設やクリニックモールからなる大型複合ビル誕生!
どうも。fukuです。 大阪府吹田市のJR岸辺駅北口に2018年秋に開業予定の大型複合ビル ビエラ岸辺健都。 「健都クリニックモール」のほか、平和堂が運営するスーパーマーケット「フレンドマート」など、商業施設が出店します。 ...

ビエラ山科についてはこちら!

ビエラ山科 2018年4月14日(土)開業! テナント7店舗一覧
こんにちは。fukuです。 JR山科駅の南側に商業施設「ビエラ山科」が誕生します! JR山科駅に訪れるお客様にとってより一層便利にお買い物を楽しんでいただけるような施設をコンセプトにした7店舗が開業予定です。 そんな、ビエ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関西地方
よろしければシェアお願いします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
出店ウォッチ
error:Content is protected !!