【おすすめ】自宅でポイ活!お小遣いがゲットできるモッピーの使い方まとめ

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業 2029年度竣工予定!どのような施設に?最新情報も!

関東地方
スポンサーリンク

東京都渋谷区の渋谷クロスタワー隣接地に再開発ビル「渋谷二丁目西地区市街地再開発事業」が2029年度竣工予定!

マンション、ホテル、オフィス、商業施設などから構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定!

渋谷エリア注目の再開発事業の1つです!

そんな、渋谷駅近くの渋谷二丁目西地区市街地再開発事業について、テナントや開業日について見ていきましょう!

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の外観は?

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の外観は以下の通りです。

渋谷駅近くに超高層マンションのC街区、オフィスとホテル・商業施設のB街区、商業施設のA街区が設けられます。

デザインなどは今後変更される可能性があります。

 

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の概要

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の概要は以下の通りです。

名称渋谷二丁目西地区市街地再開発事業
所在地東京都渋谷区渋谷二丁目12番・13 番・14 番・16番地内
A街区B街区C街区
敷地面積約1,700㎡約12,800㎡約4,300㎡
延床面積約4,200㎡
約255,000㎡約63,000㎡
高さ約50m約208m約175m
建物構造地上5階、地下1階地上41階、地下4階地上41階、地下2階
用途店舗等事務所・店舗
ホテル・人材育成拠点
バスターミナル
熱源機械室・駐車場等
住宅
生活支援施設
駐車場等

再開発エリアはA街区、B街区、C街区の3つの街区、3つの建物で構成されます。

周辺とは渋谷ヒカリエ・渋谷駅から延びるスカイウェイ、渋谷クロスタワー、そして2024年竣工を目指す、渋谷二丁目17地区市街地再開発事業と接続し、周辺の建物がデッキにより気軽に行き来できるようになります。

渋谷二丁目17地区市街地再開発事業 2024年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ隣接地に東急などの再開発ビル「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業(仮称)」が2024年度に開業! オフィスビルのほか、低層階は商業施設となり、店舗が複数出店予定! 渋谷ヒカリエや渋谷駅の近くで期待が高ま...

都内の建築物は地下で接続したものが多いですが、渋谷エリアは谷地形を生かしたペデストリアンデッキで接続されているのが面白いですね。

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業のフロアは?

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業のフロア構成は以下のようになります。

A街区

屋上上空広場
低層階商業施設

B街区

11階~40階オフィス
4階~9階ホテル
3階~4階STEAM人材育成拠点
1階~2階店舗
地下1階バスターミナル

C街区

5階~40階マンション
3階~4階外国人対応の幼児施設
1階~4階共用施設

 

斬新的な上空広場が誕生!

宮益坂と青山通りが分岐するY字路に位置するA街区は、斬新的かつシンボリックな上空広場が誕生します!

階段状の上空広場で、青山通りなどを一望できますね。

B街区の高層階はオフィス

B街区の高層階はオフィスが整備されます。

およそ30フロアの大規模なオフィスビルとなり、ITベンチャーを中心に様々な事務所が集積しそうです。

B街区には国際水準のホテルを整備

B街区の4階~9階には国際水準の宿泊施設を整備する計画です。

専有面積が広く、付帯機能を伴ったホテルとなりそうですね。

国内のブランドなのか、外資系ブランドなのかは未定です。

C街区はマンション

C街区の高層階(5階から40階)はマンションとなります。

総戸数は明らかになっていませんが、一般的な住宅のほか、「国家戦略住宅」フロアが設けられます。

「国家戦略住宅」は、外国人ビジネスワーカー等の中長期滞在の需要を満たす、国際水準の居住施設で、多言語対応コンシェルジュ、海外製の家電等の設備、外国人対応の幼児施設などが整備されます。

低層階は商業施設

A街区、B街区の低層階(1階~2階)は商業施設となります。

どのようなテナントが入るのかは明らかになっていませんが、渋谷駅に近いことや、居住施設が整備されることからそういったニーズを満たす商業施設になって欲しいですね。

バスターミナルを整備

B棟にはバスターミナルが整備されます。

発着バスは首都高渋谷出入口が近い立地を活かして、

  • 空港リムジンバス
  • 高速乗り合いバス
  • 観光貸し切りバス

といったバスが利用予定となっています。

渋谷駅周辺のバスターミナルは渋谷マークシティに2バース、渋谷フクラスに1バースがありますが、再開発ビル内には5バース整備予定で、渋谷エリアでは最大級ですね。

大屋根の大規模広場が誕生!

B街区の低層階は大規模広場(2,220㎡)が整備されます。

4階上部からせり出した屋根は広場を包み込みます。

広場は公園のような空間で、様々な催しなどが開催されそうですね!

また、バスターミナルにも隣接していることから、利用客との相乗効果も期待できそうです。

 

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業のテナントは?

2022年3月26日現在、求人誌等からテナントは明らかになっていません。

また明らかになり次第更新します。

渋谷区の求人情報もチェック

渋谷区の求人情報もクリックだけで簡単検索できます。

渋谷区の求人情報はこちら!(バイトル)

 

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の開業日は?

計画では2029年度完成予定となっています!

 

スポンサーリンク

渋谷二丁目西地区市街地再開発事業の地図(場所・アクセス)

場所は渋谷駅の近く、渋谷ヒカリエの裏側となります。

 

渋谷二丁目17地区市街地再開発事業についてはこちら!
渋谷二丁目17地区市街地再開発事業 2024年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ隣接地に東急などの再開発ビル「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業(仮称)」が2024年度に開業! オフィスビルのほか、低層階は商業施設となり、店舗が複数出店予定! 渋谷ヒカリエや渋谷駅の近くで期待が高ま...
渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業についてはこちら!
渋谷駅桜丘口地区再開発ビル 2023年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区の渋谷駅前に再開発ビル「渋谷駅桜丘口地区再開発ビル(仮称)」が2023年度開業! 渋谷駅桜丘口地区再開発ビルの低層階には商業施設ができ、複数店舗が出店予定! そんな、渋谷駅桜丘口地区再開発ビルについて、テナントや開業...
渋谷区道玄坂二丁目開発計画についてはこちら!
渋谷区道玄坂二丁目開発計画(ドン・キホーテ) 2023年9月開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区道玄坂にPPIHグループの再開発ビル「渋谷区道玄坂二丁目開発計画」が2023年9月に開業! 商業施設、オフィス、ホテルなどからなる複合型再開発ビルとなり、高層階には外資系ライフスタイルホテルが進出!低層階には商業施設が誕生...
道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業についてはこちら!
道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業 2026年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区道玄坂に再開発ビル「道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業」が2026年度に開業予定! オフィス、ホテル、商業施設から構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定! 渋谷マークシティに隣接した再開発事業で期待...
神宮前六丁目地区再開発ビルについてはこちら!
神宮前六丁目地区再開発ビル(仮称) 2022年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区原宿エリアのコープオリンピアアネックスとその周辺を解体し、東急不動産と神六再開発の再開発ビル「神宮前六丁目地区再開発ビル(仮称)」が2022年度開業! 神宮前六丁目地区再開発ビルには商業施設ができ、複数店舗が出店予定! ...
error:Content is protected !!