【おすすめ】自宅でポイ活!お小遣いがゲットできるモッピーの使い方まとめ

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト(東急百貨店本店跡地) 2027年度竣工!テナントは?最新情報も!

関東地方
スポンサーリンク

東京都渋谷区の「東急百貨店本店」跡地に、東急の大型複合ビル「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト」が2027年度に竣工!

SwireHotels(スワイヤー・ホテルズ)が展開するホテル「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」やレジデンスを中心に、地下1階から6階まで東急百貨店が運営する商業施設ができ、様々なジャンルの複数店舗が出店予定!

東急百貨店本店の建て替え、渋谷の一等地における開発事業で期待が高まっています!

そんな、渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトについて、テナントや開業日について見ていきましょう!

東急百貨店本店は2023年1月31日をもって営業を終了します。
スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの外観は?

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの外観は以下の通りです。

まさに東急のシンボルタワー、渋谷のランドマークに相応しいデザインとなりますね!

高さは164.8mとなり、渋谷エリア屈指の高さとなります!

デザインは世界で活躍するノルウェーの建築・デザイン事務所Snøhettaとなっています。

このほか、株式会社日建設計・株式会社東急設計コンサルタント設計共同事業体が携わっています。

 

スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの概要

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの概要は以下の通りです。

名称渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト
所在地東京都渋谷区道玄坂二丁目24番1号
敷地面積13,675㎡
延床面積117,000㎡
店舗面積未定
店舗数不明
高さ約164.8m
建物構造地上36階、地下4階
用途リテール、ホテル、レジデンスなど
事業者東急株式会社
L Catterton Real Estate
株式会社東急百貨店
スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトのフロアは?

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトのフロア構成は以下のようになります。

16階~34階レジデンス
7階~15階ホテル
地下1階~地上6階商業施設

高層階はハイクオリティなレジデンス

高層階(16階~34階)は、ハイクオリティな都市型居住を実現する賃貸レジデンスとなります。

事業者などは明らかになっていませんが、松濤エリアにも面し、サービスや面積も充実したものになると思われます。

SwireHotels(スワイヤー・ホテルズ)が展開するホテル「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」が進出!

中層階(7階~15階)は中国・香港のSwireHotels(スワイヤー・ホテルズ)が展開するコンテンポラリーラグジュアリーホテル「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」となります。

SwireHotels(スワイヤー・ホテルズ)は香港、中国本土、アメリカにホテルを展開しており、個性的なホテル、型にはまらない本物の体験を届けるホテルとのこと。

そして展開する「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」は、ラグジュアリーな旅の中で、他とは違う親密でパーソナルな体験を求める、旅慣れたゲストのためにデザインされたホテルブランドとのことで、北京、香港、成都、上海の4つの都市に展開しており、日本初進出となります!

低層階は商業施設

低層階(地下1階~6階)は商業施設となります!

商業施設の運営は明らかになっていませんが、東急百貨店本店があったことや、事業者に東急百貨店の名が連ねていることから、引き続き、東急百貨店が運営する商業施設になると思われます。

屋上にはTheSanctuary(ザ・サンクチュアリ)という屋上庭園や、8層吹き抜けのアトリウムTheHive(ザ・ハイブ)などが設けられ、今まで以上に開放的な施設になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

複合文化施設「Bunkamura」は2023年4月から休館へ

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトに伴い、隣接する複合文化施設「Bunkamura」は2023年4月から2027年度中まで休館することが明らかになりました。

Bunkamuraを構成する5つの施設は以下の通り、他の施設で開催するなどして継続を図ります。

オーチャードホール(音楽・舞踊など)引き続き、週末を中心に公演を開催その他「横浜みなとみらいホール」など、他会場にて公演を開催
シアターコクーン(演劇)東急歌舞伎町タワー内「THEATER MILANO-Za」など他会場にて公演を開催
ザ・ミュージアム(美術)渋谷ヒカリエ内「ヒカリエホール」を中心に展覧会を開催
ル・シネマ(映画)代替施設(渋谷)にて、年間を通じて映画館運営を行う予定
ギャラリー(美術)代替施設(渋谷)にて、年間を通じてギャラリー運営を行う予定
Bunkamura自体の建物が解体されるわけではありません。

 

スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトのテナントは?

2022年7月21日現在、求人誌等からテナントは明らかになっていません。

2027年度開業予定なので、最も早くて2027年初頭ごろから明らかになってきそうですね。

渋谷区の求人情報もチェック

渋谷区の求人情報もクリックだけで簡単検索できます。

渋谷区の求人情報はこちら!(バイトル)

住んでいる地域のスーパーやドラッグストア、百貨店などのチラシが無料で見放題!
あなたの暮らしに「Shufoo!(シュフー!)

Shufoo!(シュフー)のアプリインストールはこちら(iPhone/Android)

今話題!「スキマ時間」を有効活用!今すぐ始める短時間バイトはタイミー

タイミーのダウンロードはこちら(iPhone/Android)

 

スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの開業日は?

2027年度竣工予定となります!

 

スポンサーリンク

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトの地図(場所・アクセス)

場所は東急百貨店本店跡地となっています。

 

渋谷区道玄坂二丁目開発計画についてはこちら!
道玄坂通 dogenzaka-dori 2023年9月開業!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区道玄坂にPPIHグループの複合施設「道玄坂通 dogenzaka-dori」が2023年9月に開業! 商業施設、オフィス、ホテルなどからなる複合型再開発ビルとなり、高層階には「ホテルインディゴ東京渋谷」が進出!低層階には商...
渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業についてはこちら!
渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業 2023年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区の渋谷駅前に再開発ビル「渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業」が2023年度開業! 渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業の低層階には商業施設ができ、約100店舗が出店予定! そんな、渋谷駅桜丘口地区再開発ビルについて、テナン...
渋谷二丁目17地区市街地再開発事業についてはこちら!
渋谷二丁目17地区市街地再開発事業 2024年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ隣接地に東急などの再開発ビル「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業(仮称)」が2024年度に開業! オフィスビルのほか、低層階は商業施設となり、店舗が複数出店予定! 渋谷ヒカリエや渋谷駅の近くで期待が高ま...
道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業についてはこちら!
道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業 2026年度開業予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区道玄坂に再開発ビル「道玄坂二丁目南地区市街地再開発事業」が2026年度に開業予定! オフィス、ホテル、商業施設から構成され、商業施設には様々なジャンルの複数店舗が出店予定! 渋谷マークシティに隣接した再開発事業で期待...
神宮前六丁目地区再開発ビルについてはこちら!
神宮前六丁目地区市街地再開発事業 2023年夏以降開業!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区原宿エリアのコープオリンピアアネックスとその周辺を解体し、東急不動産と神六再開発の再開発ビル「神宮前六丁目地区市街地再開発事業」が2023年夏以降開業! 神宮前六丁目地区市街地再開発事業には商業施設ができ、複数店舗が出店予...
渋谷マルイの建て替えについてはこちら!
渋谷マルイ 建て替えて2026年開業!木造商業施設に!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区のマルイグループの商業施設「渋谷マルイ」が2022年8月28日(日)をもって一時休業し、建て替わり、2026年開業! 渋谷マルイは建て替えられ、日本初の本格的な木造商業施設に生まれ変わり、複数店舗が出店予定です! 渋...
宮益坂地区市街地再開発事業についてはこちら!
宮益坂地区市街地再開発事業 2028年度完成予定!テナントは?最新情報も!
東京都渋谷区宮益坂に再開発ビル「宮益坂地区市街地再開発事業」が2028年度完成予定! オフィスを主体に、ホテル、そして低層階にはホールや商業施設ができ、商業施設には複数店舗が出店予定! 渋谷駅前の再開発で期待が高まっています! ...
error:Content is protected !!