【最新】商業施設のおすすめバイト求人サイト8選 2020年版

日本橋一丁目中地区再開発ビル 2025年度開業予定!テナントは?最新情報も!

関東地方

東京都中央区日本橋の日本橋やコレド日本橋隣接地に三井不動産などの再開発ビル「日本橋一丁目中地区再開発ビル(仮称)」が2025年度に開業!

高層階はオフィスのほか、ヒルトンの最上級ホテル「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」、低層階は商業施設となり、店舗が複数出店予定!

日本橋再生計画の一環となる大型再開発事業で期待が高まっています!

そんな、日本橋一丁目中地区再開発ビルについて、テナントや開業日について見ていきましょう!

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルの外観は?

三井不動産

建物はこのようになるそうです。

全体的にガラス張りになり空に溶け込むような透明感あるデザインですね。

低層階は商業施設となり、曲面のある優しいデザインが特徴的です。

 

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルの概要

日本橋一丁目中地区再開発ビル(仮称)の概要は以下の通りです。

名称日本橋一丁目中地区再開発ビル(仮称)
所在地東京都中央区日本橋一丁目
敷地面積18,990㎡
延床面積380,300㎡
店舗数不明
高さ32m(A街区)
31m(B街区)
284m(C街区)
建物構造地上4階、地下1階(A街区)
地上7階、地下2階(B街区)
地上52階、地下5階(C街区)
用途事務所、店舗、ホテル
住宅(サービスアパートメント等)
カンファレンス施設
ビジネス支援施設
駐車場等

再開発エリアは3エリアに

日本橋一丁目中地区再開発事業の再開発エリアは主に、A街区からC街区の3エリア(3棟)に分かれます。

A街区は「野村證券本社 旧本館」が保存へ!

A街区には現在も建っている「野村証券本社 旧館(旧:日本橋野村ビル)」が耐震補強をしたうえで保存されます。

野村證券本社 旧館は1930年(昭和5年)に建築された大型の近代建築となっており、野村財閥が大阪から東京に進出する際の拠点となる建物として建設されました。戦後にはGHQに接収されホテルにも利用された経歴がある建物です。

設計は安井武雄氏で、大阪瓦斯ビルヂング(登録有形文化財)や、大阪倶楽部(登録有形文化財)などを設計し、主に関西地方で活躍した著名な建築家です。

歴史的にも価値が高い建物で旧館部分は保存が決まりました。隣接する本社関連の建物は全て解体されます。

 

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルのフロアは?

日本橋一丁目中地区再開発ビル(仮称)のフロアは以下のようになります。

C街区
39階~47階ホテル
8階~38階オフィス
4階~7階大規模カンファレンス
1階~3階商業施設など
地下1階地下通路等
地下2階~地下5階駐車場、機械室
B街区
4階~7階住宅
1階~3階商業施設など

ヒルトンのホテル「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が日本初進出

高層階(39階~47階)はホテルとなり、ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が日本初進出します!

ウォルドーフ・アストリアは1893年にアメリカのニューヨークで創業した由緒あるホテルで、2020年現在世界に32軒展開しています。

客室数は全197室のほか、レストランが3軒入り、ウォルドーフ・アストリアの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」、屋内プール、スパ、フィットネスセンター 、宴会場、チャペルも備わります。

キングルームは60㎡以上の広さとなり、最上級のサービスを受けられそうです。

低層階は商業施設に

1階から3階の低層階は商業施設になります。

こちらはコレド日本橋と再開発エリア間の市道のイメージです。

低層階には路面店や商業施設が並ぶ計画となっています。

2階デッキで各方面へ接続へ

計画では2階にデッキを設け、コレド日本橋と再開発エリアのC街区とD街区を横断歩道を渡ることなくスムーズに移動できるようになる計画です。

計画ではC街区にはデッキ広場を設ける予定となっています。

このほかにも地下1階でコレド日本橋とC街区が接続予定です。

 

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルのテナントは?

2020年10月27日現在、求人誌等からテナントは明らかになっていません。

2026年度開業予定なので、概要の発表などはまだまだ先でしょうね~

中央区の求人情報もチェック

中央区の求人情報もクリックだけで簡単検索できます。

中央区の求人情報はこちら!(バイトル)

チャットでやりとりするだけで、転職のプロがあなたに合う求人を、約8万件の求人情報からご紹介!ジョブクル転職

ジョブクル転職のダウンロードはこちら(iPhone/Android)

もチェック!  

 

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルの開業日は?

2026年度開業予定となります!

 

スポンサーリンク

日本橋一丁目中地区再開発ビルの地図(場所・アクセス)

場所は日本橋の南側エリア、日本橋西川ビルや日本橋御幸ビル、江戸橋ビルなどがある辺りとなります。

 

トーチタワーについてはこちら!

トーチタワー TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)に2027年度竣工!テナントは?最新情報も!
東京都千代田区大手町・八重洲に、三菱地所の大型再開発プロジェクト「トーチタワー(Torch Tower)」が常盤橋再開発エリア「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」に、2027年夏ごろに竣工! 低層階には商業施設、高層階にはオ...
常盤橋タワーについてはこちら!
常盤橋タワー TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)に2021年夏竣工!テナントは?最新情報も!
東京都千代田区大手町・八重洲に、三菱地所の大型再開発プロジェクト「常盤橋タワー」が常盤橋再開発エリア「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」に、2021年夏ごろに竣工! 低層階には商業施設、高層階にはオフィスが入居する複合施設と...
八重洲一丁目【東地区】市街地再開発事業についてはこちら!
東京駅八重洲口再開発【東地区】2025年開業予定!どのような建物に?
東京都中央区八重洲に、「東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業」が2025年ごろ誕生! 低層階には商業施設、地下にバスターミナル、高層階にはオフィスが入居する複合施設となります。 商業施設部分には複数店舗が出店予定! ...
八重洲二丁目【北地区】市街地再開発事業についてはこちら!
東京駅八重洲口再開発【北地区】2022年夏開業!約60店舗が出店予定!
東京都中央区八重洲に竹中工務店や日本設計などから構成される「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」が2022年夏ごろ誕生! 低層階には商業施設、バスターミナルや小学校、高層階にはオフィス・ホテルが入居する複合施設となっております。...

コレド室町テラスについてはこちら!

コレド室町テラス 2019年9月27日(金)開業!全テナント31店舗一覧!最新情報も!
東京都中央区日本橋の三井不動産の再開発ビル「コレド室町テラス(COREDO室町テラス)」が2019年9月27日(金)に開業! 核テナントとして世界で最もクールな百貨店14に選出された誠品生活が日本初出店するほか、飲食店や雑貨店など31...
虎ノ門・麻布台プロジェクトについてはこちら!
虎ノ門・麻布台プロジェクト 2023年開業!約150店舗が出店予定!最新情報も!
東京都港区に大型再開発プロジェクト「虎ノ門・麻布台プロジェクト」が2023年に誕生! 低層階には商業施設、ホテル、文化施設やインターナショナルスクール、高層階にはオフィス、マンションが入居する超大型再開発プロジェクトとなっております。...
error:Content is protected !!