【おすすめ】自宅でポイ活!お小遣いがゲットできるモッピーの使い方まとめ

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業 2028年度完成予定!テナントは?最新情報も!

関東地方
スポンサーリンク

神奈川県川崎市川崎区に再開発ビル「京急川崎駅西口地区市街地再開発事業」が2028年度完成予定!

オフィスを主体に、低層階には商業施設ができ、商業施設には複数店舗が出店予定!

京急川崎駅前の再開発で期待が高まっています!

そんな、京急川崎駅西口地区市街地再開発事業について、テナントや開業日について見ていきましょう!

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の外観は?

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の外観は以下の通りです。

京急川崎駅前に地上120mのビルが姿を現します!

低層階はエスカレーターが描かれ、歩行者動線がしっかりしていますね。

詳細なデザインは今後明らかになってくると思われます。

 

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の概要

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の概要は以下の通りです。

名称京急川崎駅西口地区市街地再開発事業
所在地神奈川県川崎市川崎区駅前本町
街区面積7,650㎡
延床面積85,170㎡
A街区B街区
構造地上24階、地下1階、塔屋1階地上11階、地下1階
高さ119m46m
用途事務所、商業、駐車場事務所、商業、駐車場

再開発ビルは2棟建設されます。

規模的にも注目なのはA街区でしょうか。地上119mで周辺の景観も大きく変わることでしょう。

 

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業のフロアは?

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業のフロア構成は以下のようになります。

5階~23階オフィス
4階オフィススカイロビー
1階~3階商業施設

高層階はオフィス

高層階(5階~23階)はオフィスとなります。

京急川崎駅に実質的に直結し、羽田空港や東京・横浜方面へのアクセスも良好であるため、需要が高そうですね。

低層階は商業施設

低層階(1階~3階)は商業施設となります。

1階

1階には京急川崎駅の西口改札からつながるオフィスエントランス、そして、店舗区画が4区画設けられていますね。

2階

2階は店舗区画となります。3区画設けられていますね。

3階

3階も店舗区画となります。4区画設けられていますね。

商業フロアは全部で11区画なので、大型商業施設や駅ビル、というよりは飲食店や生活利便施設が入る感じになりそうですね。

 

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業のテナントは?

2022年11月28日現在、求人誌等からテナントは明らかになっていません。

2028年度完成予定なので、まだしばらく先ですね。

川崎区の求人情報もチェック

川崎区の求人情報もクリックだけで簡単検索できます。

川崎区の求人情報はこちら!(バイトル)

住んでいる地域のスーパーやドラッグストア、百貨店などのチラシが無料で見放題!
あなたの暮らしに「Shufoo!(シュフー!)

Shufoo!(シュフー)のアプリインストールはこちら(iPhone/Android)

今話題!「スキマ時間」を有効活用!今すぐ始める短時間バイトはタイミー

タイミーのダウンロードはこちら(iPhone/Android)

 

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の開業日は?

2028年度完成予定となります!

 

スポンサーリンク

京急川崎駅西口地区市街地再開発事業の地図(場所・アクセス)

場所は京急川崎駅前です。ヨドバシアウトレット京急川崎がある場所ですね。

 

泉岳寺駅地区再開発ビルについてはこちら!

泉岳寺駅地区再開発ビル 2028年春完成予定!テナントは?最新情報も!
東京都港区高輪に再開発ビル「泉岳寺駅地区再開発ビル(仮称)」が2028年春に完成予定! マンション、業務施設、商業施設ができ、商業施設には複数店舗が出店予定! そんな、泉岳寺駅地区再開発ビルについて、テナントや開業日について見て...

THE YOKOHAMA FRONT(ザ ヨコハマ フロント)についてはこちら!

THE YOKOHAMA FRONT(ザ ヨコハマ フロント)2024年春開業予定!テナントは?最新情報も!
神奈川県横浜市神奈川区に再開発ビル「THE YOKOHAMA FRONT(ザ ヨコハマ フロント)」が2024年春に開業! マンション「THE YOKOHAMA FRONT TOWER」、ホテル、店舗などからなる複合型再開発ビルとなり...

横浜市旧市庁舎街区活用事業についてはこちら!

横浜市旧市庁舎街区活用事業 関内駅前に2026年春開業!どのような施設に?最新情報も!
神奈川県横浜市中区にある旧横浜市庁舎(2020年6月移転)に、企業コンソーシアム「KANNAI 8(カンナイエイト)」が手掛ける、「横浜市旧市庁舎街区活用事業」が2026年春開業! 低層階には商業施設、ホテルや文化交流施設、高層階には...
error:Content is protected !!